閉鎖面皰(へいさめんぽう)・白ニキビ

閉鎖面皰(へいさめんぽう)・白ニキビは、一年中いつでもやってきて悩まされる肌のトラブルです。長期的かつ継続的な努力が必要な皮膚疾患のひとつです。白ニキビの性質や原因を知らない人は、無視したままでいると、やがてより深刻な肌トラブルを引き起こすかもしれません。

白ニキビを効果的に除去して、なめらかな輝きのある顔を取り戻す美容治療とは?

面皰(めんぽう)とは?

面皰(めんぽう)とは、毛包が閉じ込められ、デコボコとした感触が盛り上がったものです。一般的なニキビには、閉鎖したタイプと開鎖したタイプの2種類があります。

○開鎖面皰(かいさめんぽう): 黒ニキビとも呼ばれ、上部が開いており、絞ることで簡単に取り除くことができます。

○閉鎖面皰(へいさめんぽう): 白ニキビとも呼ばれています。上部が閉じているため、毛包内の皮脂が空気に触れず、酸化していない状態です(皮脂が酸化した面皰は黒くなり、黒ニキビと呼ばれます)。閉鎖面皰は、皮膚の下に白い塊や赤い塊として現れることがあります。白いぶつぶつは炎症反応がないことを示し、赤いぶつぶつは面皰ができる可能性があることを示します。

一般に、閉鎖面皰(へいさめんぽう)は白ニキビとも呼ばれる軽度の面皰です。アンドロゲンホルモンは、思春期に分泌量が増える性ホルモンの一種です。アンドロゲンホルモンの分泌が多いと、毛根の皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌されるようになります。しかし、角化が進んで毛根の開口部が閉じてしまうと、その結果、毛根にある皮脂や脱落細胞、細菌が表面に移動できず、結局は毛根の中に閉じ込められてしまいます。そのため、閉鎖面皰と呼ばれます。

原因

白ニキビは通常、皮脂の過剰分泌によって起こります。毛包の開口部は角化により閉じているため、皮脂が皮膚の表面に届かず、毛包の中に閉じ込められ、上部に開口部のない皮膚の下にボコボコとしたものができてしまいます。

閉鎖面皰(へいさめんぽう)のリスク要因には、以下のようなものがあります。

1.ホルモンの変化

不規則な睡眠パターン、高脂肪や高糖分の摂取、過労蓄積などの生活習慣は、ホルモンの変化を引き起こすことがあります。ホルモンの変化は、肌の水分・油分のバランスを崩す原因となります。また、アンドロゲンホルモンが増加し、皮脂腺を刺激して過剰に皮脂を分泌するようになります。

2.悪い食習慣

脂性肌と面皰(めんぽう)形成のリスクを高める可能性のある食生活があります。糖分や脂肪分の多い食事、牛乳の摂取、ビタミンBが不足した食事、不健康な食事などがこれにあたります。面皰の問題が長期化している人は、食生活を見直すことをおすすめします。

3.肌の洗い方が悪い

洗顔のしすぎも洗顔不足も、肌にとっては悪いことで、閉鎖面皰の原因になることがあります。洗いすぎや石けん系の洗顔料を使うと、「きれいになった」気になりますが、実は肌の水分・油分のバランスを崩す原因になっているのです。また、過剰なピーリングやコットンの使いすぎ、こすりすぎは、デリケートな肌表面を傷つけ、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を増やすことになります。皮脂が多く分泌されると、閉鎖面皰ができやすくなります。一方、メイクの落とし残し、皮脂汚れ、毛根や肌表面の角質の蓄積などの洗顔不足は、毛根をふさぎやすく、閉鎖面皰になりやすいといわれています。

4.心理的要因

感情はホルモンに影響を与えます。ストレスや不安、イライラ、怒りなど、強いストレスを感じながら毎日を過ごしていると、正常なホルモン分泌が妨げられ、肌トラブルが発生するようになります。

症状

閉鎖面皰(へいさめんぽう)は、赤、白、黒に見えることがあります。赤いものは、感染した面皰です。黒いものは、酸化した皮脂を含む黒ニキビとも呼ばれます。白ニキビは、最も一般的な面皰で、顔に広がる小さな白い点のように見えます。

閉鎖面皰(へいさめんぽう)は、生成り色や白いぶつぶつとして現れ、2mm以下の大きさで、遠目にはほとんど目立ちません。しかし、触るとボコボコとした感触があります。皮膚に赤み、腫れ、痛み、痒みなどは生じません。近い距離での明るい光の下では見ることができ、皮膚表面がざらざらしているように見える。主に額、顎、頬、唇の周り、鼻翼にできる。

治療が行われない場合:

1.破裂して炎症を起こしたニキビにつながる

2.開鎖面皰(黒ニキビ)になる

症状が出やすい人

男性にも女性にも起こりうることです。オイリーな肌質の人は、白ニキビの問題が長期化しやすいと言われています。

治療法

A.メソセラピー

メソセラピーとは

私たちの肌は、光障害、汚染、自然な老化プロセスなど、日々あらゆる種類のダメージにさらされています。メソセラピーは、長期的に良好な状態で私たちの肌を維持するのに役立ちます定期的な肌の若返り治療することができます。これは、様々な重要な栄養素を含む溶液を直接肌に注入する非外科的治療法であり、スキンケア製品を使用するよりも栄養素の吸収率が大幅に高くなっています。また、肌の状態に応じて注入内容を調整し、最大限の効果を得ることができます。

その仕組みは?

メソセラピーは、ヒアルロン酸や複数の栄養素を真皮に注入する治療法です。真皮の細胞は、浸透圧吸収によって栄養素を吸収し、細胞活動を活性化し、コラーゲンや弾性線維芽細胞の増殖を促進し、その結果、凹んだ傷跡を滑らかにし、色素沈着を改善し、深い潤いを与え、シワを滑らかにすることができるのです。肌のキメを整え、健康的な肌へと導き、シルクのようになめらかな肌へと導きます。

手順

1.VISIAの肌評価:データ解析と画像解析により、肌の状態や既存の肌トラブルを評価します。

2.対面でのカウンセリング:お客様の状態や希望される結果に応じて、適切なメソセラピーの治療計画を作成します。

3.治療前の準備:麻酔薬を塗布します。顔全体の洗浄と消毒を行います。

4.治療法注射液の投与は、資格を有する医師が行います。注入を繰り返すか、またはひどい部分には注入を散布します。

5.トリートメント後のケア:医療グレードのフェイシャルリペアマスクとQDELフォトセラピーマスクで肌に栄養を与え、修復します。

5.治療後の注意事項

所要時間:60分

誰のためのものなのか

  • 乾燥肌による毛穴の大きさが気になる方
  • 肌荒れや炎症を改善するために、定期的に肌のコンディションを整えたいと考えている方
  • 閉鎖面皰(へいさめんぽう)を取り除き、肌を若返らせたい方
Aiビューティーメソセラピー

アジア人の麻酔と肌質に合わせた治療基準のもと、豊富な臨床経験を持つ、イギリスGMC/NMC登録の医療スタッフによる注射で、ユニークでカスタマイズされた肌の若返りソリューションが受けられます。

続きを読む

B.ハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルとは

ハイドラフェイシャルは、アメリカのスキンケアメーカー、ハイドラフェイシャル社が開発した皮膚洗浄器です。FDA、CE、CSAの認可を受けたこの機器は、肌の健康を促進し、肌バリアを急速に回復させるために設計されました。特許取得の4-in-1 VORTEX双方向真空システムを利用し、美容液を加えて肌の奥深くまで洗浄し、栄養価の高い健康な肌を回復させます。ハイドラフェイシャルは、痛みやダウンタイムを伴わずに30分で肌の状態(黒ずみ、肌の乾燥、小じわ、敏感肌、黄くすみ、大きな毛穴、にきび、光老化など)を根本的に改善し、健康で強い肌の回復を助けることができる治療法です。

その仕組みは?

ハイドラフェイシャル治療法は、専用のフォーミュラエッセンスの使用と特許取得済みのVORTEX 双方真空技術を組み合わせて、皮膚を剥離し、急速に毛穴を開き、詰まりを取り除き、非侵襲的に黒ニキビ、白ニキビ、破片や汚れを取り除き、穏やかに古い角質を除去します。吸引しながらクレンジングすることで、栄養成分で作られたエッセンスが肌に吸収され、細胞の新陳代謝を促進し、肌の油分と水分バランスを回復させ、より清潔で健康的な肌を実現することができます。ハイドラフェイシャル治療法は、クレンジング、吸引、保湿の3ステップを30分程度で行います。お客様のお肌の状態、部位、ご希望をお伺いした上で、最適なプランをご提案いたします。

手順

1.VISIAの肌評価:データ解析と画像解析の支援により、肌の状態や既存の肌トラブルを評価します。

2.対面でのカウンセリング:お客様の状態や希望する結果に応じて、適切なハイドラフェイシャルの治療計画を作成します。

3.トリートメント前の準備:メイクを落とし、顔を清潔にします。

4.ハイドラフェイシャル 3つのステップ:クレンジング+ピーリング ②エクストラクト+エクスフォリエーション ③ナリッシュ+プロテクトを行います。

5.治療後のケア:QDELフォトセラピーマスクで肌に栄養を与え、修復します。

6.治療後の注意事項

所要時間:45分~60分

誰のためのものなのか

  • 毛穴が詰まっている方、毛穴に角質が過剰に溜まっている方
  • 脂性肌または混合肌の人で、閉鎖面皰(へいさめんぽう)に長期間に悩まされている方
  • 洗顔の習慣がない方、肌が荒れている方、ディープフェイシャルクレンジングをお探しの方
  • 皮膚のバリア機能が低下している方、毛穴が大きい方
  • ハイドラフェイシャル治療法と他の治療法を組み合わせて、肌の質感を向上させたい方
Aiビューティー ハイドラフェイシャル

敏感肌を含むすべての肌タイプに対応したハイエンドなスキンケアトリートメントです。ハイドラフェイシャルは、トリートメントチップの種類やエッセンスの内容、他のスキンケアトリートメント(光脱毛、マイクロニードルなど)との親和性に優れ、肌の状態や求める効果に関わらず、すべての人に適したトリートメントを提供することができます。

続きを読む

C.アシッドピーリング

アシッドピーリングとは

アシッドピーリングは、酸性の溶液を皮膚に塗布して行う皮膚のリサーフェシング法です。酸性の溶液は、表皮の最外層にある細胞間のオイル粒子を溶かし、最外層の除去を促進できます。皮膚細胞の再生を促し、真皮の弾性繊維の交換を促進し、皮膚の健康な状態を維持することができます。また、美白、ニキビ跡の除去、毛穴の大きさや小じわの縮小、黒ずみの除去、ニキビや肝斑の治癒にも効果があります。

アシッドピールの仕組み

アシッドピーリング/AHAピーリング液は、角質細胞の隙間にある油分を溶かすことで角質細胞間の物理的な接着を緩め、過剰に蓄積した角質を剥がし、毛根の詰まりを解消し、毛根の詰まり口の発生を防ぐことが可能です。また、表皮細胞の再生能力を刺激し、真皮のコラーゲン繊維の増殖とその構造再編を促進することで、肌のキメ(特に毛孔性角化症)を効果的に改善し、(皮脂分泌を抑制することで)大きな毛穴を最小限に抑え、肌の色を明るくすることが期待できます。

手順

1.VISIA検査:データ解析や画像解析により、肌状態や肌トラブルを把握することができます。

2.対面でのカウンセリング:お客様のニーズと目標に基づき、適切なアシッドピーリングの治療計画を提供します。

3.前処理を行う:治療部位の洗浄・消毒を行う。

4.トリートメントを行う:酸性の溶液を顔に塗り、1~5分待ちます。

5.トリートメントの終了:中和剤の溶液を顔に塗り、酸性の反応と剥離反応を終了させ、剥離し過ぎないようにします。

6.クリーニング処理後のケア

所要時間:45分~60分

誰のためのものなのか

  • 毛穴が大きく、古い角質・角栓が毛穴に溜まっている方
  • 長い間、閉鎖面皰(へいさめんぽう)の問題を抱えている方
  • 脂性肌の方、または混合肌の方
  • アシッドピーリングで肌を若返らせたい方
Aiビューティーアシッドピール

Aiビューティーのアシッドピールの施術で使用する酸性溶液は、フランスの大手スキンリジュビネーションブランドダーマシューティック開発したミルクピール溶液です。同社のミルクピール液は、見た目もきれいで透明感のある複合酸です。酸の濃度と含有成分を明確に表示しています。Aiビューティーは、安全で効果的な治療のために、お客様に保証された製品とサービスを調達することをお約束します。

続きを読む

閉鎖面皰(へいさめんぽう)・白ニキビの解消は、Ai Beauty Clinicにお越しください

安全で専門的な美容治療のために

Ai Beauty Clinicは、ロンドンにあるCQC認定のクリニックで、Cynosure(Ulthreapyのオーナー)、Cynosure(PicoSureのオーナー)からも強い支持を受けているクリニックです。

イギリスの有名なメディカルチーフトレーナーを筆頭に、GMC/NMCに登録され、NHSの国立病院で働いていた医師や看護師が施術を行い、様々な症状のお客様に豊富な施術経験を持つ Ai Beautyが、認定されている安全なメディカルエステを提供します。

Ai Beautyは常に安全を第一に考えています。医療スタッフ全員が独立した医療保険に加入しているだけでなく、Ai Beauty Clinicに来院されたお客様一人一人が500万ポンドの医療保険に加入しています。

Ai Beauty Clinicは、世界各国から15,000人以上のお客様にご利用していただいており、ヨーロッパタイムズやCWテレビなどの有名メディアにも取り上げられ、お客様からの信頼と高い評価を確立しています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.