Category Archives: face

二重あご

たとえどんなに美人でも、誰もがうらやむ完璧な黄金比の持ち主でも、もしその人が二重あごだとぽっちゃり体型に見えて魅力が薄まってしまいます。ですが、もしあなたが持っていたとしても、心配はいりません。二重あごは誰にでも起こりうることで、痩せている有名人の方々も同じ問題に直面しています。 二重あごとは 二重あごは、医学的には顎下脂肪と呼ばれ、 あごの下に脂肪が蓄積しその結果、首の周りに余分な脂肪の層が形成されることによって引き起こされるものです。その上、年齢とともに肌の弾力性が失われ始め、重力に負けて顎の下の皮膚がたるみ、二重あごや多顎を作ることになってしまいます。二重あごは顔の輪郭を歪ませ、首を短く見せてしまい、自尊心にも影響を与えることもあります。 原因 1. 悪い姿勢 二重あごになるかどうかは、姿勢の悪さが大きく関係しています。慢性的に腰が痛くて座っている人、首がずっと前かがみになってしまっている人、高い枕で長時間寝ている人などは、 首の動きが一方向だけなので、二重あごになりやすいと言われています。また、スマホやパソコンで長時間下を向いている人は、二重あごになるリスクが高いグループと言われています。それは、あご下の3つの脂肪区画が常に慢性的に圧迫されているため、首から脂肪がしぼみ、二重あご層が形成されてしまうからです。 2. 食生活の乱れ 二重あごの形成には、食事の仕方に影響を受けやすいです。食べ物を噛むことで顎の筋肉を鍛えることができるので、十分に噛むことができないと、顎の筋肉が緩んで弾力性に欠けるようになります。 3. あごの後退 あごが下がっている状態が続くとあご下の皮膚や組織が体の内側に押し込まれ、それらが一緒に積み重なってしまいます。 4.広背筋の脂肪蓄積 二重あごになる主な原因の1つは、体脂肪率です。余分な脂肪はあごなどの体の部分に蓄積される可能性が高いので、体型が太っている状態になると二重あごになりやすいと言われています。 5.筋肉や老化した皮膚を緩める 加齢に伴い、筋肉量や皮膚の弾力性が低下し、重力に負けて二重あごになります。二重あごの形成は、表情筋や口周りの筋肉、頬の筋肉など、顔の筋肉の緩みによって促進されることがあります。緩んだ表情筋は、あごの筋肉を十分に支えたり動かしたりできないため、顎の筋肉が緩み、二重あごが形成されます。 症状が出やすい グループ 中高年層、中高年女性が最も多いと言われています。            電子機器などの画面を観る時に、いつも下を向いている人。若者や子供たちがその代表的なグループす。                    丸みのある顔の人は、他の顔の形の人に比べて二重あごになりやすいと言われています。頬骨と顎のラインがはっきりしないので、丸みのある顔の人は顔の輪郭をシャープにする努力をしないと、二重あごになりやすいのです。 治療法 二重あごは体の機能には影響しませんが(時には “幸せ太り “とさえ言われます)、外見にはとても影響し、正面や横から見た時の顔の自然な輪郭が失われます。食事摂取量を制御し、顔のfacial messagingとワークアウトは、二重あごを改善し、脂肪を減らす為に有効な方法として証明されています。しかし、もしあなたが迅速かつ効果的な代替手段をお探しなら、美容治療が非常にお勧めです。 顔の輪郭を整えたい場合、腱膜(筋繊維組織)の変化は、脂肪の沈着の変化ほど効果的でなく、大きな意味を持ちません。一方、脂肪が過度に蓄積されると、垂れ下がり腱膜が著しく緩和されます。顔の下垂には筋繊維組織の変化よりも、顔についた脂肪の存在の方が影響が大きいのです。したがって、皮下脂肪型の顔の人は、リポディソーブ注射やウルセラを受けて、効果的にスリムな顔を取り戻してもらいたいです。 A.ボツリヌス毒素の注入(顔痩せ注射) これは何? 顔痩せ注射(別名:A型ボツリヌス毒素注射)は、筋肉に作用する治療法です。安全性と有効性が確認されています。1992年に米国食品医薬品局から人体用医療用ボツリヌス毒素の製造が承認されました。 どのような仕組みなのでしょうか? ボツリヌス毒素は神経毒性を持つタンパク質で、神経と筋肉の間の信号伝達を遮断し、筋肉を麻痺させることができます。すると、麻痺した筋肉はあまり収縮することなく、小さくなっていきます。首の平板筋は、常に顔の輪郭を下に引き下げる力を持っています。この症状は、トキシンの注射によって改善することができます。ボツリヌス毒素を広頚筋に注射すると、毒素が神経と筋肉の接触を遮断し、筋肉が収縮するのを防ぎ、下向きの力を弱めるので、広頚筋が小さくなり、首の皮膚が硬くなり持ち上がります。 手順 1.対面でのカウンセリング: 医師が咬筋の評価を行い、顔痩せ治療が推奨されるかどうか専門的なアドバイスを行います。 2.治療前の準備: 局所麻酔薬を使用します。注射部位を洗浄・消毒する。 注射液の確認。 3.注射をする: ボツリヌス毒素溶液を平板筋に注射します。 4.治療後のケア。 所要時間 30分 どのような人に向いているのか 咬筋(噛む筋肉)の肥大により頬が痩せている人                 平板筋の肥大による二重あごの方 肩やふくらはぎの筋肉が肥大している人 B.リポディゾルブ注入-顔 これは何でしょうか? リポディゾルブ注射は、最も安全で効果的な非外科的脂肪減少治療とみなされており、それは二重あご、ぽっちゃり顔、腕や脚などの頑固な脂肪の局所脂肪減少および除去に特によく作用します。リポディゾルブ注入は、脂肪組織の代謝率を高め、脂肪細胞の分解を強化し、皮膚を引き締め、リフトアップさせます。上あごと下あごを同時にリポディゾルブ注入で治療することで、あごのラインを整え、頑固なあごの脂肪を一度に除去することができます。 どのような仕組みなのでしょうか? リポディゾルブ注射液を皮下脂肪層に局所的に投与します。注射液の有効成分が脂肪細胞の壁を破壊し、リパーゼ酵素の局在濃度を高め、脂肪細胞の破壊を促進し、体内の脂肪をリンパ系を介して老廃物として排出させます。 手順 1.対面でのカウンセリング: 医師が二重あごの厚みを診断し、リポディゾルブ注入治療が適しているかどうか専門的なアドバイスをお伝えします。そこで適していると判断された場合、注入部位を顔面にマーキングします。 2.治療前の準備: […]

色素沈着

色素沈着の問題は、あらゆる年齢層の人々を悩ませており、そのうちの80%の人々が人生の中でこの問題に直面することになります。例えば、遺伝的な色素沈着は10歳以上から現れ始めます。日光による色素沈着は20歳以上、加齢によるシミは30歳以上から現れます。加齢やホルモンに関連したあらゆる種類の色素沈着は、40歳以上から皮膚に現れることがあります。シミのないきれいな顔を保ちたいなら、色素沈着を予防・解消する努力が必要です。 色素沈着は、メラニンの過剰生成によって引き起こされ、日焼けや性別(とくに女性に多い)など、さまざまな要因で引き起こされます。 色素沈着は通常、顔、頬、額などに見られ、 周辺部より肌の色が不均一に見えるという症状が現れます。 色素沈着の起源はメラニンです。表皮層に蓄えられているメラノサイト(メラニン産生皮膚細胞)は、紫外線を受けることによりメラニンを生成します。この光を浴びれば浴びるほど、紫外線に関連するDNA損傷や炎症から肌下の細胞を守るためにメラニンが生成されます。すると、生成されたメラニンが残り、肌にシミとして現れますメラニンは、肌本来の代謝サイクルによって、表皮層から角質層へと代謝・移動し、最終的には肌から剥がれ落ちます。肌の代謝サイクルは約28日間と言われています。 色素沈着の原因について 遺伝的な要因: よくある例として、遺伝的な そばかすがあります。胎児の発育期に発症し、  6~12歳で発現、18歳でピークに達します。 外的要因:日光に当たると、色素沈着が誘発され、悪化します。質の悪いスキンケアやメイクアップ製品の使用。肌の刺激物や物理的なダメージなど。 内的要因: 内分泌のアンバランス 妊娠によるチロシナーゼ活性の上昇により、メラニンの沈着が起こります。 体内の酸塩基のバランスが崩れる。 酸性の体は代謝が悪くなりがちで、色素沈着につながります。 栄養失調やビタミン不足、代謝の低下などがシミの原因になることがあります。 精神的ストレスや疲労、神経疾患、副腎の 皮脂分泌不全などは、チロシナーゼの活性を高め、色素沈着を引き起こすことがあります。 光に弱い 経口抗生物質や避妊薬の使用は、紫外線の吸収を高める可能性があります。 食べ物:貝類、海藻の仲間。 植物:柑橘類やモクセイ科の植物は、紫外線の吸収を高める。 疾患について 肝臓や腎臓の機能低下、造血機能低下、血行不良、代謝不良による糖尿病など。                甲状腺の過剰分泌や甲状腺機能亢進症は、チロシナーゼの活性を高め、色素沈着につながります。       皮膚疾患やニキビがあると色素沈着を起こします。             加齢により代謝が低下する。 症状・グループ 色素沈着は、顔や体に現れる顔面色素沈着症の一種です。これらは活性型と受動型に分けられます。 活性型:太陽光の照射や内分泌のアンバランスによって誘発されたアミノアーゼによって活性化される。色素の色調や濃さは様々で、除去することも可能です。一般的な活性型のシミは、肝斑、日光のシミ、黒ずみです。 受動型:安定した色素沈着。外的環境要因などが色素沈着の発症に影響を与えない。一般的な受動型のシミには、遺伝的なシミ、そばかす、年齢によるシミ、ほくろなどがあります。 医療美容の現場では、よく見られる色素沈着があり、このような治療が行われています。 1、そばかす 表皮性のシミで、顔によく見られる茶色のシミのような色素沈着です。針の先ほどの小さなものから、米粒ほどの大きさのものまであります。そばかすの数はさまざまで、それが集まることはありません。一般的に、そばかすは幼少期から発生し、男性よりも女性の方が発生しやすいと言われています。また、発生には家系的な遺伝が大きく影響すると言われています。 2、肝斑(かんぱん) 肝斑は真皮層に生じる色素沈着であり、その形成は複雑になる可能性があります。その発症する主な原因は、ホルモンの変化、エストロゲンやプロゲステロンのレベルの変化と関係していると言われています。女性によく見られます。また、女性器疾患、月経異常、肝疾患、内臓腫瘍、結核、長期投薬などの慢性疾患を持つ人は、肝斑ができやすいと言われています。色素沈着は、日光への過剰な露出や天候、内分泌的な要因によって悪化する可能性があります。うつ状態、夜更かし、不眠、疲労などの精神状態は、色素沈着を悪化させることがあります。肝斑は、臨床的に肝臓病の患者に多く見られることから「肝斑」とも呼ばれ、頬に沿って左右対称の形をしていることから「蝶斑」とも呼ばれます。また、妊娠中にできることが多いため、「妊娠斑」とも呼ばれています。 3、 後天性皮膚メラノサイトーシス(ADM) 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は、先天性ではあるが非遺伝性の色素沈着疾患である。色素が真皮層に沈着するため、真皮斑となります。症状はそばかすや肝斑に似ており、頬骨の上に左右対称のバークグレーの斑点で現れ、25歳から45歳の間に多く発生します。男性よりも女性に多く発生すると言われています。胚発生の過程で、メラノサイトが表皮層と真皮層を通過できずに真皮層にとどまることで形成される損傷であるとする研究もあります。太田母斑はこのカテゴリーに入りますが、これはより深刻な状態です。 4、黒点 黒点は、日光に過剰にさらされた皮膚にできる色素沈着で、茶色や黒の小さな点として表皮層にできます。黒点とそばかすは、色、形、病理学的性質が似ています。しかし、黒点は過剰な日光の照射によって引き起こされ、日光を浴びた後の皮膚に現れます。鼻や頬骨は、日常的に最も日光が当たり、黒点が形成されやすい部位になります。 5、シミ・老人斑 シミ・老人斑は、医学的には脂漏性角化症とも    呼ばれ、皮膚の老化現象に関係しています。 一般的にシミは肌の老化の初期症状であり、細胞が老化段階に入ったことを示していると考えられています。シミの発生は日焼けとも関係があるため、手の甲や額など、中高年の方で最も日光にさらされる部位によく見られるシミです。これは表皮層で発生し、卵巣機能の障害によっても引き起こされる可能性もあります。 6、 炎症後色素沈着 ニキビや感染症、日焼け、刺激物に触れたりなど、肌がダメージを受けると炎症因子が増加し、メラノサイトが活性化してメラニンを大量に生成するようになります。湿疹や皮膚炎が再発しても、同様の反応を示すことがあります。ニキビ跡は色素沈着の副産物であるため、色素沈着のひとつでもあります。新しくできたニキビ跡は赤く、古いニキビ跡は茶色です。肌に長く残るほど、消すのは難しくなります。 治療法 シワの治療と同様に、色素沈着の解消は長期的に取り組むものであり、即効性を期待することはできません。色素沈着を治療するために化粧品を使用することは、あまり効果的ではなく、満足のいくものではありません。それに対して、医療美容は有力な選択肢と言えるでしょう。 A.ピコシュア・レーザー色素沈着治療 ピコシュアとは ピコシュアは、タトゥーや色素沈着を安全かつ効果的に除去できるピコ秒レーザー治療です。FDAの認証を受け、色素性皮膚疾患や色素沈着の治療にも使用できることが承認されています。特定の波長(755nm)の光でメラニンを除去します。従来のレーザーの7倍の効果があり、高い熱ダメージやリバウンドが少ない治療法です。特定のレンズにより、特定の波長エネルギーを細胞に送り込み、メラニンを分解し、コラーゲンや弾性繊維の成長を促し、老化した細胞の弾力性を効果的に改善します。 ピコシュアの仕組み ピコシュアレーザー装置には、独自のFOCUSレンズが搭載されています。FOCUSレンズは、放出されたレーザーエネルギーの70%を再分配し、エネルギーを皮膚に集中させ、表皮にあるメラニンを分解します。また、そのエネルギーは真皮深層部に衝撃波を与え、コラーゲンにダメージを与え、コラーゲンの修復と再生を促します。したがって、ピコシュア治療は色素沈着の改善にとどまらず、ほうれい線をなめらかにし、毛穴を小さくし、若々しい表情を取り戻すことができます。 手順 1.VISIA検査:データ解析や画像解析により、肌状態や肌トラブルを把握することができます。 2.対面でのカウンセリング:お客様の状態や、希望する結果に基き独自の治療計画を立案します。 3.パッチテスト: […]

大きな毛穴

毛穴の目立たない、お人形さんのようなシルクのようなすべすべの肌になりたいと思わない人はいませんよね!アジア女性の半数以上が毛穴の大きさに悩み、少しでも小さくしようと努力しています。実際、スキンケア製品だけで毛穴を元に戻すことはほとんど不可能です。しかし、麻酔を使えば、毛穴を目立たなくさせることは不可能ではありません。 大きな毛穴とは 毛穴は毛包の開口部であり、毛包と皮脂腺の両方が共有する開口部です。毛が生える道である以外に、毛穴のもう一つの機能は皮脂分泌物(皮脂)を排泄することであります。1つの毛穴が0.02m㎡以上のものを大きな毛穴と呼び、通常、毛穴周辺の皮膚表面が凹んだり、凸凹になったりすることを伴います。 古い角質や角栓が皮膚の上に蓄積されると、皮膚が厚くなり、ざらざらした状態になり、毛穴も大きくなります。水分や栄養分は、古い角質が吸収を妨げるため、肌から遠ざかっていきます。肌はくすみ、乾燥し、皮脂分泌が多くなり、毛穴が大きく見えるようになります。また、年齢を重ねると、肌のコラーゲンや弾力、毛根の周りの支えが徐々に失われ、毛穴が大きく見えるようになります。逆に、見た目はオイリーなのに、肌が乾燥していると感じる場合も、毛穴が大きくなってしまいます。 原因 一般的に毛穴が大きくなる原因としては、皮脂分泌の多さ、肌の老化、光老化、生まれつきの毛穴の大きさ、性別、年齢、日焼け、刺激、ニキビ、脂漏性皮膚炎、などが考えられます。また、遺伝子によっても毛穴の大きさは決まります。 1.皮脂の分泌が多い 私たちの皮膚にある皮脂腺(オイル腺)は、体の脂である皮脂を毛穴に分泌し、肌に自然な潤いを与えています。しかし、皮脂分泌は天候、気温、ホルモン値、食生活、睡眠の質、気分などの外的・内的要因に左右されやすいものです。皮脂が多く分泌されるきっかけとなる理由が何であれ、皮脂は皮脂腺から大量に分泌され、毛穴へと放出されます。そして、過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴に集まることで、毛穴が通常よりも大きく見えるようになるのです。 2.老化 年齢を重ねるにつれ、肌が老化し、コラーゲンや弾力が失われ、肌が伸びてたるみ、毛穴が大きく見えてしまうのは自然な流れです。 3.毛根の肥大化 毛穴は毛根の上部にある開口部です。毛包が広がると、対応する毛穴が伸びて大きくなります。また、ひどいニキビが治ると、毛包鞘に小さな傷ができたり、アンドロゲンの刺激で毛包鞘がふさがり、毛包が大きくなり、毛穴が広がることがあります。 4.長期にわたる喫煙習慣 タバコを吸うと血管が収縮し、全身の血行が悪くなります。血管が収縮すると、細胞が受け取る栄養の量が制限され、肌の乾燥や老化の初期症状、肌の垂れ下がり、大きな毛穴の原因となってしまいます。 5.日除けが不十分であること 太陽からの紫外線は真皮まで浸透し、コラーゲン繊維にダメージを与え、コラーゲンを減少させます。そのため、日焼けをきちんと防ぐことができないと毛穴が大きくなってしまいます。 6.毛穴が詰まる 私たちの皮膚は、常に新しい皮膚細胞を作り出し、古い皮膚細胞と入れ替えています。毛穴の詰まりは、古い角質が環境中に排出されずに、毛穴に閉じ込められた結果です。古い角質、ゴミ、皮脂でいっぱいになった毛穴は、ふさがれて大きくなっていきます。 7.その他の理由 ニキビや毛穴をギュッと押すと、刺激が加わって毛穴が刺激され、皮脂が過剰に溜まってしまいます。また、絞る力によって表皮や真皮が伸びて傷つき、凹みや傷跡が残ったり、毛穴が大きくなったりすることもあります。ゴミや皮脂でいっぱいになった毛穴にある毛根は、炎症を起こしやすくなっています。 症状 毛穴が大きい肌は、肌表面が凸凹でザラザラしています。毛穴が大きいタイプには、角質タイプ、脂性肌タイプ、乾燥肌タイプ、老化肌タイプの4種類があります。 影響を受けた人々 乾燥肌・混合肌に比べて脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多いため、毛穴が大きくなる悩みを抱えやすいと言われています。 肌の老化が気になる人 日焼け対策をしない人。慢性的に日光にさらされている人。 アンドロゲン値が高い、または比較的高い人。糖尿病の人。 飲酒や喫煙を長く続けている人 毛穴やニキビを頻繁に圧迫する人 傷のできやすい肌の人 メイク落としや洗顔がきちんとできていない人。質の悪いスキンケア用品を使っている人。毎日の洗顔がきちんとできていない人。 夜更かし、脂肪や糖分の多い食事、辛いものなど、不健康な生活や食事をしている人。 治療法 Aiビューティクリニックで毛穴の開きを治療する場合、まず対面でのカウンセリングと肌診断を行い、お客様の肌の状態を総合的に分析するためのデータを収集します。その結果、毛穴の開きの原因が判明します。その後、患者様の状態に合わせた治療計画をご提案します。 A.高周波(RF)マイクロニードル 高周波(RF)マイクロニードルとは 高周波(RF)マイクロニードルは、マトリックス塗布、マイクロニードル、高周波技術を統合した革新的な技術です。治療中は、細い針が付いた装置で皮膚に小さな穴を開けます。その後、RFエネルギーが小さな針を通して真皮に送られ、新しいコラーゲンとエラスチンの生成を刺激します。結果、肌の質感やハリが改善され、肌のリサーフェシングが可能になります。 その仕組みは? 非絶縁性の24K金メッキマイクロニードルをマトリックスとする滅菌済みトリートメントチップを使用し、肌の自然治癒プロセスを機械的・生物学的に刺激します。治療中、マイクロニードルは皮膚に正確に挿入され、100万ヘルツの周波数エネルギーがマイクロニードルから皮膚に伝達されます。エネルギーは表皮を透過して真皮層に達し、真皮のコラーゲン繊維を55℃~65℃に温めます。この高温が皮脂腺にダメージを与え、ニキビの原因菌を殺すことで、毛穴の開きを抑え、ニキビの発生を抑制し、油分の分泌をコントロールし、ニキビ問題を改善することができるのです。 手順 1.VISIA検査:データ解析や画像解析により、肌状態や肌トラブルを把握することができます。 2.対面でのカウンセリング:お客様の状態や希望する結果に応じて、独自の治療計画を作成します。 3.麻酔薬を塗る:麻酔薬を外部に塗布する。治療部位の洗浄・消毒を行います。 4.前処理準備:顔に印をつけて、治療箇所を決めます。新しいアプリケーターのチップのパッケージが開封されていないことを確認します。 5.治療中計画通りに治療を行い、RFエネルギー出力と深さを正確に調整します。 6.トリートメント後の回復:医療グレードのフェイシャルリペアマスク+QDEL光線治療マスクで肌に栄養を与え、修復します。 7.治療後のケア 所要時間:1~1.5時間 誰のためのものなのか ひどいニキビから回復した後、毛穴が大きくなってしまった人 毛穴が大きいという深刻な状態にある人 加齢や光老化により、毛穴が大きく開いてしまった方 ニキビ跡や毛穴の開きでお困りの方   メソセラピーやフォトレジュビネーションなど、エステの入り口レベルの治療で改善されない毛穴の大きさが気になる方 […]