スキンピーリング、ロンドン UK

peeling
ケミカルピーリングとは、薬剤を皮膚に塗布して角質を除去する皮膚再生治療法です。ケミカルピーリング後に再生される皮膚は、よりなめらかで若々しい印象を与えます。ケミカルピーリングは、通常、顔のシワ、肌の色むら、傷などの治療に用いられます。ケミカルピーリングは、単体で行うことも、他の美容施術と組み合わせて行うことも可能です。
一般的に、肌の色が白く、髪の色が明るい方がケミカルピーリングに適しています。肌の色が濃い方でも、肌の悩みの種類によっては良い結果が得られる場合があります。
ケミカルピーリングは、色素沈着、肌のキメの乱れ、色むら、ニキビ跡などが気になる方に最適です。

 

 

ケミカルピーリングは、肌の見た目を改善する効果があります。この治療法では、薬剤を皮膚に塗布することで、皮膚が「ふやけ」、最終的には剥がれ落ちます。新しい皮膚は通常、古い皮膚よりもなめらかでシワが少ないのが特徴です。
以下のような効果が期待されます:
目の下や口元の小じわの軽減
日焼けや加齢によるシワの改善
軽度の傷を改善
特定のニキビの治療
妊娠や避妊薬の服用によるシミ、そばかす、肝斑の改善
肌の見た目と手触りの改善

 

ケミカルピーリングは、希望する仕上がりに応じて、ライト、ミディアム、ディープと異なる深さで行うことができます。ケミカルピーリングの種類によって、使用する薬剤が異なります。ディープケミカルピーリングは、より劇的な効果が得られますが、回復に時間がかかります。
ケミカルピーリングは、さまざまな肌の悩みに対応できる施術です。治療したい悩みにあわせて、次の3つの深さのいずれかでケミカルピーリングを選択します:
● スーパーフィシャルピーリング
ライト(スーパーフィシャル)ケミカルピーリングは、皮膚の表面(表皮)を取り除きます。小じわ、にきび、肌の色むら、乾燥などの治療に使用されます。ご希望の仕上がりに応じて、2~5週間に1回程度の頻度で受けていただきます。
● ミディアムピーリング
このタイプのケミカルピーリングでは、表皮と皮膚の中間層の上部(真皮)から皮膚細胞を除去します。ミディアムタイプのケミカルピーリングでは、シワやニキビ跡、肌の色ムラなどを治療することができます。効果を維持するためには、3~9ヵ月後に再度ケミカルピーリングを行う必要がある場合があります。
● ディープピーリング
ディープケミカルピーリングでは、表皮と真皮の中層から下層までの皮膚細胞を除去します。深いシワや傷、前がん状態にある場合、医師はディープケミカルピーリングを推奨することがあります。ディープケミカルピーリングは、以下の場合にのみ適用されます。

 

傷跡のケミカルピーリング。ケミカルピーリングは、薬液を使って古い皮膚の外側の層を取り除くことで、軽度の傷跡の見た目を改善します。それに代わる新しい皮膚は、通常、よりなめらかで均一な見た目になります。
シミを薄くする
毛穴の詰まりを解消し、吹き出物を防ぐ

 

 

ケミカルピーリングは、毛穴を小さくし、毛穴を目立たなくすることができます。ケミカルピーリングは、肌の見た目や質感を改善するために、酸性溶液で肌の外側のダメージを受けた層を取り除くためによく使用されます。
よりなめらかな質感とトーン

アフターケア

 

1、触らない
ケミカルピーリングの主な目的は、ダメージを受けた皮膚細胞を引っ張り上げて剥がし、その下にある健康で輝く肌を見せることです。古い角質が剥がれ始めたら、指で触ったり、つまんだり、引っかいたりしないようにしましょう。また、指で古い角質を無理に剥がすと、傷跡が残る可能性があります。
2、髪が顔に触らないようにする
ヘアバンドで髪を顔から遠ざけることで、肌に触れることを防ぎ、吹き出物を防ぐことができます。髪を後ろに流す際には、誤って肌に触れないように注意して、皮膚が自然に剥がれていくのを待つことが大切です。汚れた指や手で皮膚を触ると、新しい皮膚が集約されるだけで、吹き出物ができる可能性があります。もし吹き出物ができてしまった場合は、自己処理はしないようにしてください!エステティシャンに処理してもらうか、そのままにしておきましょう。
3、保湿– 肌が心地よさを感じる程度で
ケミカルピーリングを受けた後は、肌が敏感になっています。普段使っているスキンケア製品の中にも、刺激の強い成分が含まれているものがあるかもしれませんので、避けた方がよいでしょう。ピーリング中のお肌に使用していただきたいのは、日焼け止めと、快適に感じる程度の(中性の)保湿剤です。肌が乾燥して見えるのはピーリングのプロセスの一部であり、保湿でどうにかすることはできません。
保湿剤を肌に塗るときは、こすったりしないように気をつけてください。必要に応じて1日に何度も、肌全体に保湿剤を優しく薄く塗りましょう。ピーリングのプロセスが完了し、肌の敏感さを感じなくなったら、通常ピーリングの施術から1週間以内に通常のスキンケアに戻ることができます。
4、SPFで肌を守りましょう
ケミカルピーリングで、ダメージを受けた肌を取り除いたばかりなので、これから生まれてくる傷つきやすい肌を傷つけないように、日に当たる可能性があるときは、日焼け止めを塗って肌を保護することが大切です。
5、そのままにしておきましょう
ピーリングのプロセスの最中には、乾燥した古い角質をこすったり、はがしたり、引っ張ったりして取り除かないでください。安全な角質除去は、肌が過敏でなくなった時点で行うことができます。
6、肌を明るく
今、カウンセリングに来て、新しく明るくなった肌を維持するためのカスタムホームケアを受けるのに良い時期ですね!毎日フリーラジカルから肌を守るためには、まず優れた抗酸化物質を使うことが大切です。また、メラノサイトダウンレギュレーターを使用することで、より頑固な色素沈着を防ぐことができます。詳しくはスキンケアの専門家にご相談ください!
7、心配しないこと
また、数日間は肌の状態を気にせず、ただ本を読むのもいいでしょう。その結果は、投資する価値以上のものです!

 

Follow: