Tag Archives: まぶたのたるみ・ゆるみ

まぶたのたるみ・ゆるみ

目の周りの皮膚は顔の他の部分よりも薄いため、老化の初期段階で顔の皮膚の緩みが見られるようになります。            シワの改善と並んで、肌のたるみを引き締めることは、多くのお客様にとって、目のアンチエイジング治療の必須アイテムとなっています。その効果や特異性のおかげで、緩んだ皮膚を引き締めるための美容治療が人気です。 原因 ○眼瞼下垂の遺伝的・先天的な原因 ○上まぶたが垂れている 上まぶたの垂れ下がりは、まぶたを持ち上げる筋肉が弱くなったり、力が入らなくなったりすることで起こります。目を開けることも難しくなってきます。また、目を開けてもまぶたが瞳孔を覆ってしまいます。たるんだ二重まぶたがいつもより下に垂れ下がり目立ってしまいます。 ○加齢による皮膚の垂れ下がり 加齢に伴い、皮膚の水分やコラーゲンが減少することで上まぶたの皮膚がゆるみ、上まぶたの境目が通常よりも低い位置に下がってきます。まぶたの下縁は、目を狭め、目を三角形にしてしまいます。 ○上まぶたの脂肪の過剰蓄積 上まぶたの脂肪が過剰になると、上まぶたの境目が垂れ下がり、疲れた感じがしたり、まつ毛が重くなったりと、まつ毛が押し下げられたりすることもあります。 ○目をこすりすぎたり、まぶたにアイテープを長時間使用すること。 自然な老化現象とは別に、アイテープの繰り返し使用や剥離、長時間の目のこすれによって真皮のエラスチン繊維が損傷し、まぶたのたるみを引き起こします。 ○睡眠習慣の乱れ 私たちの顔は、睡眠の質について嘘をつきません。基本的に夜更かしをすると、クマや目袋がすぐに出てきて、肌や体のバランスが崩れていることを知らせてくれます。このような睡眠不足の状態が続くと、時間とともに目の周りのデリケートな皮膚にシワやたるみが目立つようになります。 影響を受けるグループ 上まぶたが垂れ下がってシワがある、三重まぶた、三角目、過度のくぼみ目、疲れ目など。 治療法 A.THERMAGE Eye治療 THERMAGEとは何でしょうか? THERMAGEは、高周波技術で真皮を加熱します。熱エネルギーは、局所的な真皮にダメージを与え、皮膚の自己回復プロセスを刺激します。コラーゲンの形成と再構築を促進し、肌を引き締め、なめらかにし、リフトアップさせることで、輪郭を整え、老化を遅らせることができます。THERMAGEは、まぶたを引き締め、滑らかにする治療法としてFDAとCFDAに承認された唯一の機器であり、老化を遅らせ、若々しい目元を取り戻すための目元専門治療機器です。 THERMAGEの仕組み THERMAGEは高周波を使った治療法です。特許取得のアプリケーターが肌に接触し、正確に設定された高周波を真皮に送り込み65℃~75℃まで加熱します。その高温で自己治癒力を刺激します。真皮のコラーゲンが大量に再生され、即効性のある引き締め効果でシワを目立たなくさせます。 手順 1、対面でのカウンセリング: お客様の状態や希望する結果を十分に理解した上で、THERMAGEの詳細なプランを確認します。 2、治療前の準備: 治療部位を洗浄・消毒します。顔に治療部位を描きます。アプリケーターの新しいチップのパッケージが開かれていないことを確認します。 3、治療中:割り当てられた治療部位に基づいて治療を進め、シワを取り除き、肌を引き締めます。 4、施術後の修復: QDELフォトセラピーマスクで肌に栄養を与え、修復します。 5、治療後のケア 所要時間:45〜60分 どのような人に向いているのか 目の周りの皮膚が垂れ下がっている人。                             目元の加齢による肌トラブルが気になる人。                注射治療で目元の肌改善に期待していた結果を得られなかった人。      長期的にアンチエイジングやシワを伸ばす治療を受けたい人。        即効性/短期的な結果を急がず、経済的な余裕があり長期的な治療を考えている人。 B.アイスレッドリフト アイスレッドリフトとは何でしょうか? スレッドリフトは、現在最も効果的なフェイスリフティングの手法です。真皮に糸(体内で吸収・分解される)を埋め込み、糸の方向や間隔に合わせて顔を持ち上げることで、皮膚を刺激し、さらに線維芽細胞を活性化させてコラーゲンを生成させるものです。スレッドリフトは、肌のリフトアップ力を回復させたい方、たるみの兆候を抑えたい方、コラーゲンの増殖を促したい方などに適しています。目元のスレッドリフト治療は、目元専用の糸を使用します。 仕組みについて 目の周りの皮膚は、顔の他の部分と違って、下に脂肪分がなく、皮膚の下に筋肉があるのみです。そのため、目元の施術に使用する糸はギザギザではなく、滑らかな糸を使用します。糸は、お客様の状態や希望する結果に合わせて、施術者が燕子筋層に埋め込んでいきます。 手順 1.対面でのカウンセリング: お客様の状態や希望する結果に基づいて、独自の治療計画を作成します。 2.麻酔薬を塗る: 外部から麻酔薬を塗布する。糸を埋め込む部位を洗浄・消毒する。 3.治療前の準備: 治療計画を十分に理解する。糸の質・量を確認する。 4.治療中: 糸を埋め込むための治療計画を進める。 5.治療後の注意事項 所要時間: 30〜45分 […]