象皮病 /筋肉質なふくらはぎ

脚の脂肪は誰にでもあるものですが、その量には個人差があります。脂肪を落とすためにランニングをする人もいるかもしれませんが、残念ながら思いがけず筋肉質なふくらはぎができあがってしまうかもしれません。しかし、座りがちな生活を選択すると悪化する一方です。この頑固な脚の脂肪を減らすのに、一番いい方法は何でしょうか。

はじめに

太ももやふくらはぎが太いと、脚は太く短く見えます。

「象皮病」とは、太ももとふくらはぎがほぼ同じ太さ(大きなサイズ)で、脚にメリハリがなく、太く見える脚のことを言います。

筋肉質なふくらはぎとは、ふくらはぎが太く、筋肉がしっかりついていて、脚の輪郭がアンバランスな状態を指します。

原因

エストロゲンの分泌異常

科学的研究によると、エストロゲンの分泌量は、脂肪の蓄積の仕方に関係しています。エストロゲンが過剰に分泌されると、太ももやお尻にあるリパーゼ(脂肪分解酵素)の活性が高まり、脂肪が蓄積されやすくなります。一方、食生活が不規則な人、避妊薬を飲んでいる人、生理中の人は、エストロゲンの分泌異常が起こりやすいと言われています。エストロゲンの分泌異常が長く続くと、脚やお尻に脂肪が蓄積されやすくなります。   

悪い座り方|脚を組んで座る

脚を組んで座る(膝に足首を乗せる)ことで、静脈が圧迫され、体の各部位に血液が回りにくくなり、血液やリンパの循環が悪くなったり、脚にむくみが生じたりすることがあります。定期的に脚のストレッチを行い、血流をもどさないと、静脈瘤の発生・悪化や脂肪沈着、筋肉の凝りにつながる可能性があります。

一日中座ったままのオフィスワーク/座りっぱなしの生活習慣

長時間座っていると、全身のリンパの流れが悪くなり、浮腫みやすくなったり、運動不足で下半身が太くなったりします。長時間座っていると、お腹が圧迫され、消化が遅くなり、消化器官の動きが制限されるため、消化不良、便秘、お腹や太ももに脂肪がつきやすくなります。

過食

運動不足のまま、脂肪分やカロリーの高いものを食べ過ぎると、余分なエネルギーが脂肪組織として体内に蓄積されます。脚は、他の部位よりも頑固な脂肪がつきやすいと言われています。

姿勢の悪い歩き方/ヒールを履いて歩くことが多い

ふくらはぎの筋肉は、歩くために欠かせない筋肉で、あなたの一歩一歩が筋肉の働きに関わっています。そのため、歩く姿勢がふくらはぎの筋肉の発達に直接影響します。ヒールでの歩行や立ち仕事が多い人は、姿勢を保つために常にふくらはぎの筋肉を収縮させているため、筋肉質なふくらはぎになりやすいのです。トレーナーを着て歩いたり立ったりする人に比べ、ヒールを履く人はふくらはぎが太く筋肉質です。

 脚のストレッチの運動不足

運動後や立ち仕事の後に、脚のストレッチをすることは、健康的で美しい脚を維持するために有効です。しかし、正しい脚のストレッチの習慣がないと、ふくらはぎの筋肉は収縮したままなので、強い筋肉群をふくらはぎに発達させてしまいます。

症状

脂肪の蓄積による太い脚(蓄積脂肪型)(象皮病)

脂肪の蓄積が原因の太いふくらはぎは、皮膚の下に脂肪が厚く蓄積され、その後にふくらはぎの筋肉が付着している状態です。このタイプのふくらはぎは、通常、ぽっちゃり体型の印象を与えます。

太っている人によく見られるタイプです。

筋肉質で太い脚(筋肉型)

ふくらはぎの筋肉を酷使している人に多く見られます。脂肪は取り除くことができますが、筋肉は減らすことはできても完全に取り除くことはできないため、脂肪型の太い脚よりも難しいタイプです。

● 複合型(脂肪と筋肉)の太い脚

脚の悩みで多いのが、この複合型の太い脚です。ふくらはぎの脂肪の蓄積と強い筋肉の組み合わせが問題で、浮腫みを伴うこともあります。ふくらはぎをつねってみると、硬い感じがするので、筋肉だと思うかもしれません。実は、筋肉ではなく、長時間の運動不足による脂肪の蓄積と硬化が原因なのです。

この3つのタイプ(蓄積脂肪型、筋肉型、複合型)の太い脚は、それぞれ原因が異なるため、最大限の効果を得るためには、それぞれ異なる方法で治療する必要があります。複合型は最も一般的な症状ですが、最も複雑な症状でもあり、その治療は単に蓄積脂肪型と筋肉型の治療の組み合わせだけではありません。

◎自己評価-あなたはどのタイプの太い脚ですか?

太ももが太いということは、たいてい脂肪が蓄積された太い脚であることを示しています。

ふくらはぎが太い場合、ふくらはぎをつまんで評価します。つまめるほど皮下脂肪が厚いということです。柔らかく、痛みや腫れを感じることなく簡単につまめる場合は、つまんだ部分が脂肪組織であることを意味します。硬く、皮膚を少しつまむだけで痛みや腫れを感じる場合は、つまんだ部分が筋肉であることを意味します。

影響がある人々

  1. 一日の大半を座ったままの姿勢で仕事をする人。長時間ヒールで立ったり、歩いたりする方
  2. 女性は男性に比べ、脚が太りやすいと言われています。女性の体内のエストロゲンの影響で、脚に脂肪がつきやすくなっています。
  3. 運動やストレッチの習慣がない方。歩く・走る姿勢が悪い方、走りすぎの方
  4. 座っているときに脚を組むのが好きな方

治療法

Ai Beauty clinicでは、太もも痩せにはリポディゾルブ、ふくらはぎ痩せにはボツリヌス毒素注射、脚の頑固な脂肪を取り除くにはクールスカルプティングをご提案しています。

A.リポディゾルブ注射 – 脚部

リポディゾルブ注射とは?

リポディゾルブ注射は、最も安全で効果的な非外科的脂肪減少治療と考えられており、二重あご、ぽっちゃり顔、腕や脚など、局所的な脂肪の減少に特に効果があります。リポディゾルブ注射は、脂肪組織の代謝率を高め、脂肪細胞の消化を促進し、皮膚を引き締め、リフトアップさせます。

仕組みは?

リポディゾルブ注射薬は、皮下脂肪層に局所的に投与されます。注射液の有効成分が脂肪細胞の壁を破壊し、リパーゼ酵素の局在濃度を高め、脂肪細胞の破壊を促進し、リンパ系を介して脂肪を老廃物として体外に排出させます。

手順

1.対面でのカウンセリング: 医師が二重あごの厚みを診断し、リポディゾルブ注入治療が適しているかどうか専門的なアドバイスをお伝えします。そこで適していると判断された場合、注入部位を顔面にマーキングします。

2.治療前の準備: 局所麻酔薬を使用します。注射部位を洗浄・消毒する。

3.注射をする:二重あごに注射針で投与します。 各注入箇所に1回のみ注入されます。

4.治療後のケア

所要時間 30〜45分

どのような人に向いているのか

  • 脂肪が蓄積された太い脚を持っている方
  • 脚(象皮病)に過度の脂肪の蓄積を持っている方
  • 脂肪吸引の処置の後で不均等な皮の表面をしている方
  • 外科操作、脂肪吸引の主術または全身麻酔の介入なしで非侵襲的な脂肪質の減少の処置がほしいと思う方
  • 運動不足の方
Ai beauty リポディゾルブ注射

アイビューティーでは、英国で実績のあるリポディゾルブ注入液2種を販売しています。それはアクアリックス(イギリス)とデソボディ(イタリア)です。どちらも正確かつ効果的に不要な脂肪沈着を溶解することができ、その結果はリバウンドすることなく長続きします。この非侵襲的で局所的な治療は、脂肪を減らすための心配のない選択肢になります。

続きを読む

B. 脚痩せ注射

足痩せ注射治療とは:

脚痩せ注射治療は、A型ボツリヌス毒素を含む溶液を使用し、筋肉に働きかけます。安全で効果的であることが証明されています。人間用の医療用ボツリヌス毒素の生産は、1992年に米国食品医薬品局によって承認されました。

仕組みについて:

ボツリヌス毒素は、神経と筋肉の間の信号通信をブロックし、それ故に筋肉を麻痺させる。麻痺した筋肉は、あまり収縮することなく、その大きさが減少します。ボツリヌス毒素がふくらはぎの筋肉に注入されると、筋肉は神経とその機能との接触を一時的に失うことになります。その結果、筋肉は収縮し、下肢の脂肪が減少し、スリムな脚を取り戻すことができます。

手順

1.対面での相談:医師がふくらはぎをつまんで脚の状態を評価し、脚やせ注射治療が適しているかどうか、専門的なアドバイスを提供させていただきます。

2.治療前の準備:局所麻酔をする。注入部位を洗浄・消毒する。注射液の確認をします。

3.脚痩せ注射:タイプ A のボツリヌス毒素の解決(脚痩せソリューション)をふくらはぎの筋肉に注入します。

4.治療後の注意事項

所要時間: 30分

対象者

  • 脚が太く、筋肉質な方。
  • 座りっぱなし、運動不足、ヒールの履き過ぎなどでふくらはぎの筋肉が硬くなっている方。
  • ふくらはぎが太く、筋肉質な方
  • 運動不足の方
Aiビューティーレッグスリミングインジェクション

Azzalure(イギリス)、Bocouture(ドイツ)、Botox(アメリカ)など、安全で効果的なFDA承認の脚痩せソリューションを用意しております。注射を担当する医師は、メーカーから認定され、検証可能な資格を持つ経験豊富な医師が担当します。

続きを読む

C. クールスカルプティングエリート

クールスカルプティングエリートとは

クールスカルプティング・エリートは、ハーバード大学医学部の教育機関であるマサチューセッツ総合病院の著名な皮膚科医 Dr.R.Rox Anderson と Dr.Fieter Manstein が開発し、アメリカの医療機器メーカー ZELTIQ AESTHETICS, INC.が製造した脂肪溶解治療装置です。このシステムは、世界80カ国以上で広く使用され、500万件以上の実用化に成功しています。この技術は、アメリカFDA、中国CFDA、CEに認証されています。その安全性および優れた結果はクールスカルプティングの技術が世界クラスの体の彫刻治療であることを承認しました。

原理について

脂肪細胞の低温不耐性の特性に基づいて、CoolSculpting の技術は不必要な脂肪細胞を冷やすのに低温(4~5℃)のアプリケーターを利用します。脂肪細胞はそれから死に、低温を容認できないのでボディから排泄される。アプリケーターの調査の正確な温度の設定そして使用法はプロセスが脂肪細胞を除く正常なボディ ティッシュに傷つかないことを保障します。高い正確さおよび特異性のおかげで、1 つの処置は 22.4% 脂肪の取り外しを達成できます。

手順

1、対面でのカウンセリング: 膨らみの位置や大きさなどを診断します。医師がお客様の状況やご希望を伺い、治療計画をご提案します。

2、治療前の準備: 治療部位を定義するための印を描きます。アプリケーターの先端を洗浄、消毒し、装着します。

3、スカルプティング治療: アプリケータープローブを肌に当て、脂肪細胞への冷却を行います。

4、治療後のケア

所要時間: 1時間

どのような人に向いているか

  • 太り過ぎではないが、身体の特定の部分で脂肪を減らしたい方
  • 足に頑固な脂肪がついてる方
  • 外科操作、脂肪吸引術または全身麻酔の介入なしで非侵襲的な脂肪を減らす処置をご希望の方
  • 早急に身体の特定の部分で脂肪を除去したい方
  • 足に脂肪がつきやすいタイプの方
Ai beauty クールスカルプティング

Ai Beautyクリニックは、英国で初めてクールスカルプティングの最新技術であるクールスカルプティング・エリートを導入したクリニックです。この冷却技術は、正常な体細胞を一切傷つけずに脂肪細胞を破壊することができます。 これはまさにあなたが探している効果の高い非侵襲的な脂肪減少治療です。

続きを読む

エレファントレッグ・筋肉質なふくらはぎの改善をするなら、Ai Beautyクリニックにお越しください

安全で専門的な治療のために

Ai Beauty Clinicは、ロンドンにあるCQC認定のクリニックで、Cynosure(Ulthreapyのオーナー)、Cynosure(PicoSureのオーナー)からも強い支持を受けているクリニックです。

イギリスの有名なメディカルチーフトレーナーを筆頭に、GMC/NMCに登録され、NHSの国立病院で働いていた医師や看護師が施術を行い、様々な症状のお客様に豊富な施術経験を持つ Ai Beautyが、認定されている安全なメディカルエステを提供します。

Ai Beautyは常に安全を第一に考えています。医療スタッフ全員が独立した医療保険に加入しているだけでなく、Ai Beauty Clinicに来院されたお客様一人一人が500万ポンドの医療保険に加入しています。

Ai Beauty Clinicは、世界各国から15,000人以上のお客様にご利用していただいており、ヨーロッパタイムズやCWテレビなどの有名メディアにも取り上げられ、お客様からの信頼と高い評価を確立しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.