肩を細くするための注射の英語は何と言うか

非常に人気のあるボトックス注射の美容施術(micro plastic injection)の中で、顔を細くする注射(toxin for masseter slimming)、脚を細くする注射(toxin for calf slimming)の普及とともに、肩を細くする注射(toxin for shoulder slimming)も徐々に注目され、急速に流行しています。やはり「直角肩」や「スワンネック」は多くの女性が憧れるものです。

肩を細くする注射(toxin for shoulder slimming)の基本的な原理は顔や脚を細くする注射と同じで、ボツリヌストキシン(Toxin)を注射することで、一時的に神経と肩の発達した僧帽筋(trapezius muscle)の接続を遮断し、収縮した筋肉をリラックスさせることによって、筋肉を柔らかく小さくして肩を細くし、肩のラインを整える効果を得るものです。

一般的に女性の体では、発達した僧帽筋があると「虎背熊腰」のように見えることがあります。僧帽筋(trapezius muscle)は三角形の広い筋肉で、左右両側が合わさって菱形を形成します。これは首と肩の筋肉をつなぎ、肩の曲線に影響を与える最も重要な筋肉の一つです。肩を細くする注射はA型ボツリヌス毒素の特性を利用して僧帽筋を除去し、注射後は肩のラインが柔らかく滑らかになり、正面から見ると余分な筋肉が消えて鎖骨がより際立ち、背面から見ると背中と首のラインが明確で立体的になり、肩の幅広さが大幅に減少します。

ここでよく言及されるボツリヌストキシン(toxin)の正式名称はボツリヌス毒素(BTX: Botulinum Toxin)で、これはボツリヌス菌(clostridium botulinum)によって生成される高分子の神経毒素であり、その本質はタンパク質(protein)です。毒性はありますが、医療美容で使用されるボツリヌストキシンは大幅に希釈されており、毒性含量は非常に低いです。ボツリヌストキシンは医学分野での応用が1980年代から始まり、先天性の首の斜頸や筋肉痙攣などの治療に効果があり、それが医療美容(aesthetic medicine)分野で広く応用されるようになりました。そして1992年には人体用のボツリヌストキシンの生産が米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ています。したがって、A型ボツリヌス毒素を主成分とする肩を細くする注射は非常に安全で効果的です。

特筆すべきは、肩を細くする注射は肩を美しくするだけでなく、肩の筋肉の疲労を和らげる効果もあることです。僧帽筋は皮下にあり、比較的浅い位置にあるため、手技で僧帽筋の筋膜を解すことが容易で、肩の痛みを和らげる効果があります。そして、肩を細くする注射の原理も僧帽筋をリラックスさせる効果があります。したがって、肩を細くするだけでなく、肩の筋肉の疲労を和らげる効果もあります。このように、肩を細くする注射の伝統的な美学的効果と肩の筋肉の疲労を和らげる医学的効果を組み合わせることで、医療美容分野の「医+美>医美」という新しい概念を体現しています。

Ai Beauty Clinicでは、ドイツのBocouture/Xeomin、イギリスのAzzalure、アメリカのBotoxといったボツリヌストキシンブランドを選択しています。アメリカのAllergan社のBotoxは業界の先駆者として最も有名です。ドイツのBocoutureはMerz Pharma Group製で、2011年にFDA認証を取得しており、イギリスで非常に人気があります。イギリスのAzzalureはIpsen製で、拡散性が高く、肩を細くする注射や脚を細くする注射などの大きな筋肉に適しています。これら三つはいずれも非常に安全なA型ボツリヌストキシン(botulinum toxin A)で、各ボツリヌストキシンブランドの中でも人気があり、それぞれに利点があります。

ここで注意すべきは、肩を細くする注射は僧帽筋が発達しているために「虎背熊腰」になっている女性にのみ適しているということです。両手を腰に当てて立ち、肩を後ろに引っ張ると、肩と首の部分が硬くなっている場合は僧帽筋が発達していることを示しており、肩を細くする注射を試すことができます。しかし、脂肪の蓄積によって肩が厚くなっている場合は、身体の脂肪を溶かす注射(Lipodissolve Injection)の方がより適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *