パンダ注射の英語表現

目の問題について言えば、誰もが必ずダークサークルに悩まされていることでしょう。では、このように発達した美容医療の「黒魔術」の中で、ダークサークルに特化した「魔法の注射」はあるのでしょうか?もちろんあります。それが噂の「パンダ注射」です。パンダ注射とは一体何でしょうか?英語ではどう表現するのでしょうか?

パンダ注射、その本当の名前ではなく、スイスのTEOXANE社からのヒアルロン酸の一種で、正式名称はTEOSYAL REDENSITY IIヒアルロン酸です。これは世界で初めて、そして唯一、ダークサークルと涙袋に特化したヒアルロン酸です。なぜパンダ注射と呼ばれるのかと言うと、実はダークサークル(dark circles)や涙袋に特化してデザインされたヒアルロン酸(hyaluronic acid)だからです。そのため、一部の施設では英語でTear Trough Filler、つまり涙袋充填物と表現されることがあります。ダークサークルは多くの場合、涙袋(tear trough)や目の下のたるみ(eye bag/eye pouches)と伴うため、私たちの多くはこのような複合型ダークサークル(combination dark circles type)を持っています。

なぜパンダ注射は“パンダ目”を治療するために特化しているのでしょうか?その理由は、独自の二相ヒアルロン酸(non-crosslinked and crosslinked hyaluronic acid)を採用しており、目の周りの注射療法のために設計されているからです。リドカイン(lidocaine)、アミノ酸(amino acids)、微量ミネラル(microminerals)を含み、肌を栄養し、涙袋やダークサークルの改善に効果があり、肌の保湿を増し、目の周りの引き締めを助け、目の周りの乾燥を減少させ、細かいシワを薄くします。この製品の独特なデザインは、腫れ(swelling)、硬結(lumps)、ティンダル現象(Tyndall effect)などヒアルロン酸注射後の副作用を効果的に回避し、CEおよびFDAの認証を受けており、迅速で長期間効果があり、安全性も高いです。現在、注射美容(injectable aesthetics)の中で最もダークサークルに適したプロジェクトの一つです。

その原理はさらに説得力があります。主に三つの面があります:淡化(smooth out)、充填(plump)、養膚(nourish)。淡化は主に真皮層に作用し、ダークサークルを改善します;充填はヒアルロン酸の基本的な「奥義」であり、小分子ヒアルロン酸が正確に涙袋のくぼみを埋めます;最後に、養膚は多種のアミノ酸(amino acids)と微量ミネラル(microminerals)を含み、目の周りの肌を潤します。

パンダ注射は従来の真皮充填技術と中胚層療法(MESOTHERAPY)を融合しており、これは難しいことではありません。しかし、英国ではパンダ注射の注射はヒアルロン酸注射(hyaluronic acid dermal fillers)と同等とされ、注射する人の経験と技術が非常に求められます。なぜなら、個々の状況は異なり複雑であり、自然な改善効果を達成するには、アジアの美的感覚(Asian-aesthetic)を持つ専門の医療美容機関を選ぶことを強くお勧めします。

英国ロンドンのAi Beauty Clinicでは、無料の顔診断、標準的な注射プロセスを提供し、英国国家医療規制機関CQC(Care Quality Commission)の認証を受けた保障を享受できます。さらに、個々の状況に応じて機器を用いた抗老化目元治療を組み合わせて目の悩みを完全に改善し、総合的な目元若返り(eye rejuvenation)を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *