ストレッチマーク

ストレッチマーク(妊娠線)は、妊娠中の女性にとって悪夢のようなものです。調査によると、70~90%の女性が初めての妊娠でストレッチマークができるそうです。ストレッチマークは健康に害を与えるものではありませんが、見た目に悪いのは確かです。もしできてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

ストレッチマークとは何でしょうか?

ストレッチマークは、皮膚の繊維が引き伸ばされたときに現れ、妊娠中にできることがあります。ストレッチマークは、医学用語では妊娠線と呼ばれるのに対し、皮膚伸展線条または線状皮膚萎縮症とも呼ばれます。妊娠6ヶ月以降になると、皮膚の下にある弾性繊維が引き裂かれ、ピンクや紫色の波打ったような縞模様ができるため、ストレッチマークが目立つようになります。これらの線は、産後時間が経つにつれて薄くなり、青白い縞模様になります。ストレッチマークは通常お腹にできますが、腰や太もも、お尻、胸などにできる女性もいます。

ストレッチマークは、一度できてしまうとなかなか消えないものです。また、皮膚のたるみや腹部の脂肪沈着など、他の皮膚疾患と併発することもあります。

ストレッチマークができる原因とは?

妊娠中のストレッチマークは、主にホルモン分泌の変化と、お腹が急に大きくなった時に皮膚の下のエラスチン線維やコラーゲン線維が小さく裂けることで発生します。しかし、遺伝、妊娠中の体重増加やそのスピード、赤ちゃんの体重、双子や三つ子の妊娠など、他の要因も関係してくるので、誰もが妊娠中にストレッチマークができるわけではありません。

  • グルココルチコイド

妊娠中は、副腎から大量のグルココルチコイドが分泌され、皮膚のエラスチン線維やコラーゲン線維が弱くなります。赤ちゃんが急速に成長し、線維が十分に伸びなくなると、線維が裂け、その結果、ストレッチマークが形成されることになります。

  • 胎内にいる赤ちゃん

ストレッチマークは、赤ちゃんが大きくなる・重くなった、頭囲・体長が大きくなった、予定日を過ぎる、などの場合にできやすいと言われています。ご想像の通り、お腹は赤ちゃんを受け入れるためにどんどん大きくなっていきます。しかし、皮膚や線維が伸縮性を超えて伸びると、線維が裂けたり切れたりして、ストレッチマークができるのです。

  • 急激な体重増加

急激な体重増加は、妊婦にストレッチマークができやすくなります。皮膚が伸びるスピードが速いほど、跡が残りやすくなります。

  • 生活習慣

妊娠前の生活習慣は、ストレッチマークのできやすさに影響します。座りっぱなしの生活やスキンケアを怠っていた人は、腰やお腹の筋力が低下し、皮膚の弾力性も低下しているため、ストレッチマークができやすいと言われています。

  • 遺伝

お母さんにストレッチマークがあると、自分にもできやすくなります。

症状

ストレッチマークの初期には、ピンクや紫がかった波打つような、幅や長さの異なる縞模様のような線が現れます。人によっては、かゆみや痛みを感じることもあります。出産後、これらの線は薄くなり、白または銀色のかさぶたのような線になり、これがストレッチマークです。主に腹部の皮膚にできますが、太ももやお尻などにもできることがあります。初めての妊娠では、よりはっきりとした跡が残ることが多いようです。

影響を受けやすいグループ

研究によると、ストレッチマークができやすい人は、体内のタンパク質の生産量が少ない傾向にあり、これは皮膚の自然治癒プロセスを遅らせることになります。一方、肥満気味の女性や若い妊娠中の女性も、ストレッチマークができやすいと言われています。

治療法

A.FSR

これは何でしょうか?

FSRは、標準的な高周波とフラクショナル スキン リサーフェシングを統合したものです。FSRは、特許技術「位相制御フラクショナル高周波技術」を利用して高周波を部分的に放出し、表皮にマイクロリサーフェシングを行い、2.9mmまでの深部の皮膚組織をボリュームアップさせることが可能です。熱エネルギーにより、患部のコラーゲンを収縮・修復させ、線維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチン線維を生成させます。真皮の厚みが増すことで、自然治癒力の促進、肌のキメを整える、短期的・長期的に肌を引き締める、ほうれい線やシワ、ニキビ跡を改善する、などの効果が期待されます。

どのような仕組みなのでしょうか?

フラクショナル ラジオ フリークエンシー(FRF)技術は、高周波技術に基づいています。これは、電極またはマイクロニードルを使用して、高周波をフラクショナルモードで治療皮膚に放出し、皮膚上に微細な治療範囲のマトリックスを形成します。この微細な治療範囲の中には、一定量の非治療皮膚が残されています。未処置の皮膚を残す目的は、細胞バンクとして自然治癒プロセスをサポートし、迅速な治癒プロセス、リスクプロファイルの低減、および初期段階の肌の弾力性を維持します。この技術は、肌のたるみ、シワ、ニキビ跡などの肌トラブルの改善に応用することができます。

手順:

  1. プロの施術者と対面での相談: お客様の状態や希望する結果に基づいて、独自の治療計画を作成します。
  2. 準備: 麻酔クリームを30分間塗布した後、治療部位を洗浄・消毒します。
  3. パッチテスト: 治療前に皮膚でパッチテストを行う。アレルギーや異常な反応が見られない場合は、治療を進めていきます。
  4. 治療中: マークされた治療部位を、マークに従って治療していきます。
  5. 治療後の修復: アロエベラジェルを治療部位に塗布し、肌を鎮静化させます。
  6. 治療後の注意事項。

所要時間: 45〜60分

どのような人に向いているのでしょうか?

  • ストレッチマーク(妊娠線)を消したい方
  • 傷跡や毛穴の大きさ、肌のキメを整えたい方
  • 肌を引き締め、シワを目立たなくしたい方
  • 肌のざらつきをなくし、なめらかで明るい肌を身体に作りたい方
  • 従来のレーザー治療を避け、快適で非侵襲的な肌の若返り治療を試したい方
Ai beauty FSR

3DEEPフラクショナル スキンリサーフェシング: 表皮マイクロリサーフェシング+深部真皮加熱。スキンリサーフェシング、肌質改善、シワ取り、ニキビ跡の除去のために特別に設計されています。年齢や肌のたるみなどの悩みにアプローチするマルチレイヤー治療法です。

続きを読む

B. シェイパーRFボディコントゥアリング

これは何でしょうか?

シェイパーは、ボディRF「Yoga」としても知られています。マルチソース位相制御の3DEEP RF技術を応用した6つのリング状の同心円電極技術を搭載し、熱エネルギーを3Dで供給し、深部真皮や皮下脂肪層に到達させます。熱エネルギーがコラーゲンの生成を促し、11mm奥のコラーゲン線維やエラスチン線維の収縮を誘発し、腹部、脇腹、太ももなどの頑固な部位の肌を引き締める効果が期待できます。

どのような仕組みなのでしょうか?

3DEEPTM RFとマイクロリサーフェシング技術を組み合わせ、皮膚表面の修復、ボディラインの整形、細胞代謝の促進を行い、妊娠後のボディラインを大幅に改善します。UP(リフトアップ)、IN(引き締め)、Q(弾力)、S(輪郭)の4次元シンクロ作用で、妊娠後のボディラインを効果的に整え、癒しを提供します。

手順:

  1. プロの施術者による対面での相談: お客様の状態や希望する結果に基づいて、独自のボディコントゥアリング治療計画を作成します。
  2. 治療前: 治療部位を特定するため、皮膚に印をつけます。治療部位を洗浄・消毒します。その後、治療部位にジェルを塗布します。
  3. 温度テスト: 温度を確認するための試験を行います。治療部位が目標の温度に達したら、治療を開始します。
  4. 治療中: 治療部位の治療を行います。
  5. 治療後の注意事項

所要時間: 30〜45分

どのような人に向いているのでしょうか?

  • セルライト、肌のたるみ、脂肪沈着を改善するために非侵襲的な治療を受けたい方
  • 妊娠後のストレッチマーク、肌のたるみの問題に取り組みたい方
  • 身体の特定部位の垂れ下がった皮膚を引き締め、若々しい外見の身体を取り戻したい方
  • 減量後に皮膚が垂れ下がってしまい、垂れ下がった皮膚を引き締めたい方
Ai Beauty シェイパーRFボディコントゥアリング

3DEEP RFと真空吸引による2つの効果。温かく心地よい施術を体感しながら、手軽にボディラインを整えることができます。集束したRFが自己再生力をお肌に届けます。

続きを読む

C. サーメージ

THERMAGEとは何か:

Thermageは、高周波技術を使って真皮層を加熱します。真皮層はダメージを受け、皮膚の自己回復プロセスを刺激します。この治癒プロセスにより、コラーゲンの形成と再構築が促進され、皮膚が引き締まり、滑らかになり、リフトアップされます。ULTHERAPYと同様に、Thermageにも顔痩せ効果があり、垂れ下がった皮膚を引き締め、よりはっきりとした輪郭を取り戻します。

THERMAGEの仕組み:

サーマクールは高周波治療法です。特許取得されたアプリケーターを肌に当て、正確に設定された高周波を真皮に照射し、65~75℃に加熱します。この高温こそが自己治癒力を高めるのです。真皮のコラーゲンが大量に再生され、瞬時に引き締め効果を発揮します。また、サーマクールには冷却システムが搭載されており、表皮の温度を35~45℃に保ち、火傷のリスクを回避することもできます。サーマクールは、産後・減量後の肌のたるみ、ストレッチマーク(妊娠線)、セルライトなど、肌の悩みに効果的にアプローチします。

 手順:

1、対面でのカウンセリング:患者さんの状態やご希望をお伺いし、治療計画をご提案します。

2、治療前の準備:治療部位を洗浄・消毒します。顔に治療部位を描きます。アプリケーターの新しいチップのパッケージが開かれていないことを確認します。

3、治療中:決められた治療部位にそって治療を進めます。

4、治療後のお手入れ:QDELフォトセラピーマスクで肌に栄養を与え、修復します。

5、治療後のケア

所要時間:45〜60分

 誰のためのものなのか:

  • 肌にたるみがある方
  • 産後やダイエットで皮膚が垂れ下がってしまった方
  • ストレッチマーク(妊娠線)、セルライトのある方
  • 長期的なアンチエイジング療法を希望する方
  • 経済的に余裕があり、長期的な治療を希望しているが、すぐに結果が出ることを急がない方
Ai Beauty Thermage

最新の5thバージョン「THERMAGE FLX」を搭載。AI BEAUTYはヨーロッパでいち早く第5世代を導入し、THERMAGE FLXの臨床経験は英国で最も豊富なものの一つです。

続きを読む

ストレッチマークとさよならしよう、

Ai Beauty Clinicにお越しください

安全で専門的な医療治療のために

Ai Beauty Clinicは、ロンドンにあるCQC認定のクリニックで、Cynosure(Ulthreapyのオーナー)、Cynosure(PicoSureのオーナー)からも強い支持を受けているクリニックです。

イギリスの有名なメディカルチーフトレーナーを筆頭に、GMC/NMCに登録され、NHSの国立病院で働いていた医師や看護師が施術を行い、様々な症状のお客様に豊富な施術経験を持つ Ai Beautyが、認定されている安全なメディカルエステを提供します。

Ai Beautyは常に安全を第一に考えています。医療スタッフ全員が独立した医療保険に加入しているだけでなく、Ai Beauty Clinicに来院されたお客様一人一人が500万ポンドの医療保険に加入しています。

Ai Beauty Clinicは、世界各国から15,000人以上のお客様にご利用していただいており、ヨーロッパタイムズやCWテレビなどの有名メディアにも取り上げられ、お客様からの信頼と高い評価を確立しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.