Tag Archives: Facial Contouring Injection

フェイシャルコントゥアリング注射

V字型の顔立ちと洗練された顎のラインを作る ∙ 非外科的手術 顔や脚を細くする注射と同じように、顔の輪郭を整える注射も、お昼休みに気軽に受けて、そのまま元の生活に戻れる簡単な治療法です。忙しい毎日を送る女性たちが、いかにして美しさを保っているかは、公然の秘密です。 -Ai Beauty フェイシャルコントゥアリング注射- Ai Beauty Clinicのフェイシャルコントゥアリング治療は、下あご部分にボツリヌス毒素やヒアルロン酸を注入することで行われます。その結果、顔をスリムにし、より明確な顎のラインを作ることができます。 ◎ ボツリヌス毒素を用いたフェイシャルコントゥアリング注射: 顔の筋肉は、ほとんどが収縮機能を持つ横紋筋です。ボトックス溶液に含まれるボツリヌス毒素は、神経と筋肉の間の信号伝達を遮断することができるため、過度に使用された筋肉を麻痺させ縮小させることができます。筋肉の中心部に注射をすると、筋肉は収縮して両端に引っ張られます。筋肉の下部に注射をすると、筋肉は収縮して上に引っ張られます。一方、筋肉の上部に注射をすると、筋肉は収縮して下に引っ張られます。これが、ボツリヌス毒素を使用して希望する顔立ちを作るための基本的な原理です。 ◎ヒアルロン酸を用いたフェイシャルコントゥアリング注射: 注入されたヒアルロン酸分子は、私たちの体内にすでに自然に存在するヒアルロン酸分子とグループ化し、皮膚をふっくらとさせます。ヒアルロン酸は、フェイシャルコントゥアリングによく使われます。フェイシャルコントゥアリング治療で使用するヒアルロン酸は、こめかみや頬などのくぼんだ部分、さらに言えば下顎骨の骨膜をふっくらとさせ、顔の輪郭を整えることが可能です。 皮膚のたるみが始まり、下顎骨の密度が低くなると、顔のボリュームと支えが失われ、老けて見えるようになります。顎のラインが定まらず、顎の周りに垂れ下がる皮膚のたるみは、シャープな顔の輪郭を奪ってしまいます。 ヒアルロン酸を複数箇所に注入することで、瞬時に顔の輪郭を整える効果を得ることができる治療法です。注入することで、滑らかでシャープな下顎のラインを整え、若々しく整った横顔を形成することができます。 ◎その違いについて: ボツリヌス毒素によるフェイシャルコントゥアリング注射は、口角や耳たぶの下の部分である下顔面の輪郭形成に適しています。 ヒアルロン酸によるフェイシャルコントゥアリング注射は、より広い範囲に適しています。下顎の輪郭だけでなく、中顔面から上顔面の輪郭にも適用でき、くぼんだ部分をふっくらとさせるのに役立ちます。 個人の実際の状態と希望する結果に基づいて注射治療を同時に受けることができ、よりスリムに見えます。施術者とのカウンセリングに参加し、お顔の輪郭形成プランについて相談しましょう。 治療効果 フェイシャルコントゥアリング注射は、下あごを引き締め、下あごのラインと横顔をはっきりさせます。一方、広頚筋の収縮による皮膚のたるみでお悩みの方は、広頚筋と口角下制筋を緩め、リフトアップした下あごを回復させる治療を受けることができます。 顎のラインがくっきり出ると、顔が細く見え、肌が引き締まったように見えます。注射治療は、小顔を取り戻すだけでなく、たるみができるのを遅らせ、若々しく上品な表情を維持します! どのような人に向いていますか? フェイシャルコントゥアリング注射を行う理由 √ シンプルで迅速な手順。ダウンタイムなし √ 高度な注入技術です。 幅広い用途に対応しており、個人の要望にも対応できます。 √ 痛みが少ない、傷口が小さい、ダウンタイムがない、副作用がない、日常生活をほとんど妨げない √ 顎骨の手術をしない、非外科的な、危険性が低く、高い安全性 注意事項 月経中、妊娠中、授乳中は注入を避けること。 注射後6時間は、注射部位に触れたり、水に触れたりすることを避けてください。 24時間以内は注射部位の温湿布や冷湿布は避けてください。 注射後3日間は、辛いもの、魚介類、タバコ、お酒は摂取しないでください。激しい運動は避けてください。 注射後1週間は注射部位を擦らないようにしてください。サウナは避けてください。 注射後の一時的な腫れ、赤み、あざなどは正常です。 抗生物質、アスピリン、またはそれに類似する薬の服用は避けてください。 フェイシャルコントゥアリング注射のよくある質問 Q: どのくらいで効果が現れますか?また、何回注射すればいいのですか? 1回の注入で目に見えて改善されます。4~6週間ごとに注射をすることをお勧めします。3回以上の定期的な注入により、顕著で長期的な効果を維持することができます。 Q: 顔痩せ注射、リポディゾルブ注射、フェイシャルコントゥアリング注射、それぞれの違いは何でしょうか? これらは、それぞれ違う注射で、違う結果が出ます。例えば、フェイシャルコントゥアリング注射は、リフトアップと引き締めに最適で、主に下顎の輪郭をはっきりさせるのに適しています。リポディゾルブ注射は、顔や体の局部に沈着した脂肪に対処したい方に最適です。あくまでも脂肪を減らす効果であり、引き締め効果はありません。一方、顔痩せ注射は、顔の筋肉を小さくするもので、使いすぎた咬筋を縮めることで即効性のある顔痩せに最適です。そのため、まずは自分が何を取り組みたいのかを確認し、最適な治療が受けられるよう、施術者がサポートさせていただきます。 治療例 AI BEAUTY CLINIC: 英国CQC認定の美容クリニック […]