Tag Archives: 象皮病

象皮病 /筋肉質なふくらはぎ

脚の脂肪は誰にでもあるものですが、その量には個人差があります。脂肪を落とすためにランニングをする人もいるかもしれませんが、残念ながら思いがけず筋肉質なふくらはぎができあがってしまうかもしれません。しかし、座りがちな生活を選択すると悪化する一方です。この頑固な脚の脂肪を減らすのに、一番いい方法は何でしょうか。 はじめに 太ももやふくらはぎが太いと、脚は太く短く見えます。 「象皮病」とは、太ももとふくらはぎがほぼ同じ太さ(大きなサイズ)で、脚にメリハリがなく、太く見える脚のことを言います。 筋肉質なふくらはぎとは、ふくらはぎが太く、筋肉がしっかりついていて、脚の輪郭がアンバランスな状態を指します。 原因 エストロゲンの分泌異常 科学的研究によると、エストロゲンの分泌量は、脂肪の蓄積の仕方に関係しています。エストロゲンが過剰に分泌されると、太ももやお尻にあるリパーゼ(脂肪分解酵素)の活性が高まり、脂肪が蓄積されやすくなります。一方、食生活が不規則な人、避妊薬を飲んでいる人、生理中の人は、エストロゲンの分泌異常が起こりやすいと言われています。エストロゲンの分泌異常が長く続くと、脚やお尻に脂肪が蓄積されやすくなります。    症状 ● 複合型(脂肪と筋肉)の太い脚 脚の悩みで多いのが、この複合型の太い脚です。ふくらはぎの脂肪の蓄積と強い筋肉の組み合わせが問題で、浮腫みを伴うこともあります。ふくらはぎをつねってみると、硬い感じがするので、筋肉だと思うかもしれません。実は、筋肉ではなく、長時間の運動不足による脂肪の蓄積と硬化が原因なのです。 この3つのタイプ(蓄積脂肪型、筋肉型、複合型)の太い脚は、それぞれ原因が異なるため、最大限の効果を得るためには、それぞれ異なる方法で治療する必要があります。複合型は最も一般的な症状ですが、最も複雑な症状でもあり、その治療は単に蓄積脂肪型と筋肉型の治療の組み合わせだけではありません。 影響がある人々 一日の大半を座ったままの姿勢で仕事をする人。長時間ヒールで立ったり、歩いたりする方 女性は男性に比べ、脚が太りやすいと言われています。女性の体内のエストロゲンの影響で、脚に脂肪がつきやすくなっています。 運動やストレッチの習慣がない方。歩く・走る姿勢が悪い方、走りすぎの方 座っているときに脚を組むのが好きな方 治療法 Ai Beauty clinicでは、太もも痩せにはリポディゾルブ、ふくらはぎ痩せにはボツリヌス毒素注射、脚の頑固な脂肪を取り除くにはクールスカルプティングをご提案しています。 A.リポディゾルブ注射 – 脚部 リポディゾルブ注射とは? リポディゾルブ注射は、最も安全で効果的な非外科的脂肪減少治療と考えられており、二重あご、ぽっちゃり顔、腕や脚など、局所的な脂肪の減少に特に効果があります。リポディゾルブ注射は、脂肪組織の代謝率を高め、脂肪細胞の消化を促進し、皮膚を引き締め、リフトアップさせます。 仕組みは? リポディゾルブ注射薬は、皮下脂肪層に局所的に投与されます。注射液の有効成分が脂肪細胞の壁を破壊し、リパーゼ酵素の局在濃度を高め、脂肪細胞の破壊を促進し、リンパ系を介して脂肪を老廃物として体外に排出させます。 手順 1.対面でのカウンセリング: 医師が二重あごの厚みを診断し、リポディゾルブ注入治療が適しているかどうか専門的なアドバイスをお伝えします。そこで適していると判断された場合、注入部位を顔面にマーキングします。 2.治療前の準備: 局所麻酔薬を使用します。注射部位を洗浄・消毒する。 3.注射をする:二重あごに注射針で投与します。 各注入箇所に1回のみ注入されます。 4.治療後のケア 所要時間 30〜45分 どのような人に向いているのか 脂肪が蓄積された太い脚を持っている方 脚(象皮病)に過度の脂肪の蓄積を持っている方 脂肪吸引の処置の後で不均等な皮の表面をしている方 外科操作、脂肪吸引の主術または全身麻酔の介入なしで非侵襲的な脂肪質の減少の処置がほしいと思う方 運動不足の方 B. 脚痩せ注射 足痩せ注射治療とは: 脚痩せ注射治療は、A型ボツリヌス毒素を含む溶液を使用し、筋肉に働きかけます。安全で効果的であることが証明されています。人間用の医療用ボツリヌス毒素の生産は、1992年に米国食品医薬品局によって承認されました。 仕組みについて: ボツリヌス毒素は、神経と筋肉の間の信号通信をブロックし、それ故に筋肉を麻痺させる。麻痺した筋肉は、あまり収縮することなく、その大きさが減少します。ボツリヌス毒素がふくらはぎの筋肉に注入されると、筋肉は神経とその機能との接触を一時的に失うことになります。その結果、筋肉は収縮し、下肢の脂肪が減少し、スリムな脚を取り戻すことができます。 手順 1.対面での相談:医師がふくらはぎをつまんで脚の状態を評価し、脚やせ注射治療が適しているかどうか、専門的なアドバイスを提供させていただきます。 2.治療前の準備:局所麻酔をする。注入部位を洗浄・消毒する。注射液の確認をします。 3.脚痩せ注射:タイプ A のボツリヌス毒素の解決(脚痩せソリューション)をふくらはぎの筋肉に注入します。 […]