顔痩せ注射は英語でどう言うのか

今日、美容医療aesthetic medicineの様々なプロジェクトの中で、もし最も人気のあるプロジェクトを選ぶとしたら、それは確かに非常に人気の高い顔痩せ注射です。短時間で簡単に誰もが憧れる「小V顔」を作ることができるため、特に若い人々に非常に人気があります。それでは、顔痩せ注射は英語でどのように表現するのでしょうか?

実際には、Non surgical proceduresとしての顔痩せ注射の表現はかなり多様です。いくつかの美容医療機関ではtoxin for masseter slimming(咬筋を細くするための毒素)という表現を使用しています。また、多くの場所でBOTOXという名前が顔痩せ注射などのボツリヌス毒素の注射プロジェクトを指すのに使われています。Botoxは非常に有名なアメリカのボツリヌストキシンブランドであり、多くの人に知られ、使用されています。そして、注射による顔痩せ、顔痩せ注射という表現もFace-lift and needle injectionと表現されることが多いです。

最も基本的で一般的な注射タイプの美容医療プロジェクトであるmicro plastic injectionとして、顔痩せ注射の主成分はA型ボツリヌストキシンです。これにより神経筋接合部でアセチルコリンの放出を阻害し、一時的かつ可逆的なコリン作動性神経伝達ブロックを引き起こし、顔の筋肉をリラックスさせ、麻痺させることで顔を細くすることができます。

ここでよく言及されるボツリヌストキシンToxinの正式名称はボツリヌストキシンBTX(Botulinum Toxin)で、クロストリジウム・ボツリヌムclostridium botulinumが生成する高分子タンパク質神経毒素です。その本質はタンパク質proteinであり、毒性がありますが、医療美容用のボツリヌストキシンは大量に希釈され、毒性含量は非常に低いです。1992年には人間用の医療ボツリヌストキシンの生産がアメリカ食品医薬品局FDAの承認を受けました。ボツリヌストキシンには8種類のタイプがあり、通常医療で使用されるのはA型とB型で、これらは安全かつ効果的に顔のしわを除去し、咬筋を縮小して顔を細くすることができると証明されています。身体に使用すると筋肉をリラックスさせ、肩shoulderやふくらはぎcalvesのラインを滑らかにし、「直角肩」や「モデル脚」を作り上げることができます。そのため、A型ボツリヌストキシンを主成分とする顔痩せ注射は非常に安全かつ効果的です。

ここで注意すべき点は、顔痩せ注射は咬筋masseterのみに作用し、原理的には咬筋を徐々に萎縮させることで顔を細くするものであるため、赤ちゃんのような顔や顔の脂肪には効果がありません。これらの場合はLipodissolve Injection(脂肪溶解注射)を試してみると良いでしょう。自分が咬筋肥大かどうかを判断する最も簡単な方法は、自分の耳たぶの下の頬を押しながら奥歯を噛みしめて、筋肉が発達しているかどうかを感じることです。

総じて、顔痩せ注射は顔の骨格が良く、咬筋はあるが肉が多くない人に適しています。注射後、顎のラインjawlineや下顎の形がはっきりとし、洗練された感じが増します。また、顔が非対称な人は、突出した側に顔痩せ注射をすることで、ある程度非対称を改善することができます。

Ai Beauty Clinicが選ぶボツリヌストキシンブランドは、ドイツのXeomin(西玛)、イギリスのAzzalure、アメリカのBotoxです。アメリカのAllergan社のBotoxは業界の先駆者として最も有名です。ドイツのXeominはMerz Pharma Groupによって製造され、2011年にFDAの認可を受け、イギリスで非常に人気があります。イギリスのAzzalureはIpsenによって製造され、拡散性が高く、大きな筋肉に作用する肩痩せ注射や脚痩せ注射に適しています。これら3つはすべて非常に安全なA型ボツリヌストキシンbotulinum toxin Aで、各ボツリヌストキシンブランドの中でも非常に人気があり、それぞれにメリットがあるため、自由に選ぶことができます。

イギリスのロンドンさらには世界中で、顔痩せ注射の技術はすでに非常に成熟しており、正規の美容医療機関とブランドを選ぶだけで、迅速かつ簡単に顔痩せの夢を実現することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *