脚痩せ注射の英語表現

細くてまっすぐな「鉛筆脚」を望まない女性はいないでしょう。しかし、残念ながら誰もがモデルのような脚を持っているわけではありません。多くの女性は生まれつき脚の条件が良くなく、長時間ハイヒールを履くことでふくらはぎの筋肉が異常に発達し、脚が太く見えてしまいます。ひどい場合には「大根脚」や「筋肉脚」といった見た目になることもあります。これは一般的なダイエットやボディシェイピングでは簡単に解決できない問題ですが、脚痩せ注射の登場は彼女たちにとって福音となりました。

美容医療aesthetic medicineの分野では、脚痩せ注射も非手術美容Non surgical proceduresに分類され、百科事典ではStovepipe needleと訳されることもあります。また、Toxin for calf Slimmingと表現することもあり、これはボツリヌス毒素を用いたふくらはぎの痩身を意味します。顔痩せ注射と同様に、脚痩せ注射も注射型の美容医療プロジェクトmicro plastic injectionであり、Botoxふくらはぎ痩せとも呼ばれます。Botoxは非常に有名なアメリカのボツリヌストキシンブランドで、ボツリヌス菌毒素BO(TULINUM)TOX(IN)に由来し、多くの人々に知られ、使用されています。

脚痩せ注射は夏に人気の美容医療プロジェクトの一つで、主成分はA型ボツリヌス毒素です。その原理は顔痩せ注射とほぼ同じです。ふくらはぎの筋肉calvesに注射し、筋肉組織に作用して、筋肉と神経の間の情報伝達を遮断し、ふくらはぎの筋肉を縮小させることで、脚を細くし、脚のラインを柔らかくする効果を達成します。

ここでよく言及される肉毒素Toxinの正式名称は肉毒杆菌毒素BTX(Botulinum Toxin)で、これは肉毒杆菌clostridium botulinumによって生成される高分子タンパク質神経毒素であり、その本質はタンパク質proteinです。有毒性がありますが、医療美容用の肉毒素は大量に希釈されており、毒性含有量は極めて低いです。1992年には人体用医療肉毒素の生産が米国食品医薬品局FDAの承認を得ています。したがって、A型肉毒杆菌を主成分とする瘦腿针は非常に安全で効果的です。

瘦腿针は人体美学とバイオエンジニアリング技術を有機的に結び付け、非手術的手法で脚の形態を変えることを実現します。これにより、ふくらはぎの筋肉が発達しすぎる問題を迅速に解決し、長期間細く保つことができるだけでなく、医療美容aesthetic medicineの観点から、筋肉の発達によって引き起こされる瘦腿の問題を解決し、美容整形の歴史におけるもう一つの偉業とも言えます。

瘦腿针の注射には用量の管理が必要で、通常は100単位(100u)維持版と200単位(200u)標準版に分かれます。後者の方が量が多く、ふくらはぎの筋肉の面積が大きく、より頑固な人に適しています。もちろん、具体的な必要量は医師が専門的に判断しますが、多ければ多いほど良いというわけではありません。

Ai Beauty Clinicが選ぶ肉毒素ブランドは、ドイツのBocouture/Xeomin、英国のAzzalure、そしてアメリカのBotoxです。アメリカのAllergan社のBotoxは業界の先駆者として最も有名です。ドイツのBocoutureはMerz Pharma Groupから生産され、2011年にFDA認証を取得し、英国で非常に人気があります。英国のAzzalure肉毒素はIpsenから生産され、拡散性が高く、瘦肩针や瘦腿针など大きな筋肉に作用するのに適しています。三者とも非常に安全なA型肉毒素botulinum toxin Aで、各種肉毒素ブランドの中でも非常に人気があり、それぞれに利点があります。

瘦腿针の効果は非常に顕著で、注射後数日で効果が現れます。一般的に瘦腿针の効果は少なくとも半年間持続し、瘦腿の過程で創傷もなく、回復も早いです。しかし注意すべきは、瘦腿针は筋肉が過度に発達したふくらはぎにのみ効果があり、太ももやふくらはぎに余分な脂肪がある場合は、腿の溶脂针Lipodissolve Injectionを選ぶ方が適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *